社長のお金と人のストレスを軽減させ「キャッシュフロー経営の実践」 支援する経営コンサルティング

私たちキャッシュフローコーチRは、経営数字を使ってあなたの会社の社外CFO(財務幹部)として、あなたの会社の本業発展に関わります。

中小企業の社長のみなさん!こんな悩みはありませんか?

このような社長と社員の立場の違いから起こるお金に対する考え方のギャップに悩んでいませんか?
中小企業の社長のお悩みを解決できるコンサルティングサービスのご提案
15年以上成果を出し続けているキャッシュフローコーチングの技術

こんにちは。キャッシュフローコーチの熊澤斉です。

私は会計事務所で10年以上、税務会計業務に携わり
現在も会計事務所のスタッフとして仕事をしております。

会計事務所は決算書を作成したり、きちっと税金を計算したり
税務のアドバイスをしたり、資金繰りを考えたり・・・等々が仕事ですが、クライアントの経営全般を見た時、また、上記の「社長のお困り事」を考えた時に「会計事務所が提供するサービス」と「中小企業の社長が求めているサービス」との間にギャップがあるのではないか?と、モヤモヤしておりました。

●「会計事務所が行うサービスだけで経営上の問題が解決できているのだろうか?」
●「本当にクライアントに満足してもらっているのだろうか?」
●「クライアントの本業発展に貢献できているのだろうか?」

そんなモヤモヤした中で、これからご提案する「キャッシュフローコーチング」を15年以上実践している和仁達也先生と出会い、和仁先生が行っているコンサルティングを見て聞いて学んで「自分がやりたいのはこれだ!クライアントもきっと喜んでくれるはず!」と会計事務所とは別にコンサルティング会社を立ち上げました。

したがいまして、キャッシュフローコーチングは私が独自に開発したコンサルティングの技術ではなく、和仁先生が長年成果を出し続けているコンサルティングなのでどうぞ安心して読み続けてください。

キャッシュフローコーチングのサービスの内容

CONTENTS1.たった2割の知識で経営において8割OKとなる

『お金のブロックパズル』を利用して新年度の経営計画『キャッシュフロー計画表』を策定し、毎月、目標値と実績値を一緒に確認して、『プラン(計画立案)』『ドゥー(実行)』『シー(見直し)』のサイクルを回転させる。

  • [STEP1]現状把握(1か月目)
    「お金のブロックパズル」でお金の流れを把握!

    会社のお金の流れを、視覚的にわかりやすく表現した『お金のブロックパズル』という図に決算書の数字を当てはめて

    ●「どれくらいお金が入ってきて」
    ●「どこにどれだけお金が出て行って」
    ●「最終的にどれくらい残っているのか?」


    会社のお金の流れを図でビジュアル的に把握します。

  • [STEP2]キャッシュフロー計画表を策定(2か月目、3か月目)
    1.『お金のブロックパズル』を利用して、新年度の年間数値目標を決定します。

    まずは、キャッシュフローコーチが社長に以下のような質問をしていきます。
    社長はただ受け身で自分がやりたいことを答えて頂ければ結構です。

    ●将来の投資のためにいくら残したいですか?
    ●万一の備えのためいくら必要ですか?
    ●設備投資はどうしますか?
    ●利益目標はいくらにしますか?
    ●人件費の計画はどうしますか?
    ●固定費の見直しはどうしますか?
    ・・・など


    社長がやりたい事を積み上げた結果、新年度の年間売上目標が決定しますが
    それがあまりにも高い売上目標になってしまった場合には
    何度も見直して、実現可能性の高い数値目標を決定します。

    キャッシュフロー計画表に新年度の年間数値目標を細かく落とし込みます。

    ①で作成した新年度の年間数値目標をもとに、これを月別の12か月に展開(分解)した、A3の1枚のエクセルシート『キャッシュフロー計画表』を作成します。

  • [STEP3]毎月の進捗確認、課題解決(4か月目以降、毎月)
    毎月一回訪問で、プラン・ドゥー・シーを高速回転

    会計事務所からあがってくる毎月の試算表の数字を『キャッシュフロー計画表』に
    当社で入力し、毎月一回訪問して、社長とその『キャッシュフロー計画表』を確認しながら

    ●目標値に対する達成率はどうなっているのか?
    ●達成できていない場合、その理由は何か?
    ●前年度の実績に比べて今年度はどうなっているのか?


    など、進捗状況を一緒に確認し
    プラン(計画立案)、ドゥー(実行)、シー(見直し)の習慣を身につけてもらい
    それを高速回転させていきます。

    また、経営上の課題がある場合にはコーチングにより解決策を一緒に考えていきます。

CONTENTS2.社長に代わってレクチャーする『社員向けお金のセミナー』

社員に自分の給料はどこから支払われ『どう頑張れば報われるのか?』、『利益はなぜ必要なのか?』を、社長に代わってレクチャーする、『社員向けお金のセミナー』の実施 社長が直接社員に伝えにくい「会社のお金の流れ」と「社員の給料の関係」を分かりやすくレクチャー!

社長が直接社員に伝えにくいお金の話を
キャッシュフローコーチが第三者的に話すことによって

●「自分の給料はどこから生まれているのか?」
●「給料を増やすためにはどんな働き方をすればいいか?」
●「利益はなぜ必要か?(社長の懐に入っている訳ではない)」


など、会社のお金の流れと社員の給料の関係を家計にリンクさせて
わかりやすくレクチャーします。

このセミナーにより、社員のモチベーションがアップし
お金に関して社長の目線に近づきます。

クマコンサルティングのサービスで得られるものとは?

お金のブロックパズルやキャッシュフロー計画表を理解し策定すると・・・

「社員向けお金のセミナー」を実施すると・・・

クマコンサルティングはここが違います!

コンサルティングスケジュール・料金表

(1)キャッシュフロー計画表の策定、進捗状況の確認、課題解決
現状把握
過去1年間のお金の流れをお金のブロックパズルに当てはめ、お金の流れの全体像を把握する。
キャッシュフロー計画表の策定
お金のブロックパズルを利用して、新年度の年間数値目標を決定する。
新年度の年間数値目標を月別の12か月に展開(分解)したキャッシュフロー計画表を作成する。
毎月の進捗確認、課題解決(毎月原則2時間の訪問)
目標値に対する達成率、前年度比較など、進捗状況を確認する。
プラン(計画立案)、ドゥー(実行)、シー(見直し)の習慣を身につけていき、それを高速回転させる。
経営上の課題がある場合には、コーチングにより解決策を一緒に考える。
(2)社員向けお金のセミナー
セミナー[90分]
「自分の給料はどこから支払われ、給料を増やすにはどんな働き方をすればいいか?」 「利益はなぜ必要か?」など会社のお金の流れと社員の給料との関係をわかりやすくレクチャーする。
スケジュール
熊澤斉(くまざわひとし)プロフィール

昭和49年生まれ。東京都町田市出身。
中央大学杉並高校、中央大学商学部卒。

社長の「お金」と「人へ(社員)」へのストレスを軽減させ「キャッシュフロー経営の実践」を支援するキャッシュフローコーチ®。
クマコンサルティング株式会社・代表取締役、塚本会計事務所・副所長。

会計事務所の提供するサービスと中小企業の社長が求めているサービスにギャップがあるのではないか?という悩みの中キャッシュフローコーチングというコンサルティングに出会いそのあり方、やり方、ノウハウを学び実践する。

中小企業の社長が抱える2つのお困り事にフォーカスし、社長と一緒に考え一緒に解決していく、ビジネスパートナーというスタイルでキャッシュフローの見える化を行い、キャッシュフロー経営の実践を支援する。